クリニック設備

ホーム > クリニック設備

クリニック設備紹介

院内設備のご紹介

広々した清潔感あふれる待合室は、スタッフにより毎日掃除、消毒が行われています。お子さま連れの患者さんが多いため、衛生面にも配慮した環境づくりを心がけています。
患者さんの症状を伺いながら、診察していきます。
お子さま連れの患者さんが多いため、キッズスペースをご用意しました。安全に配慮し、柔らかいマットを敷いています。トイレ内にはおむつの台を設置しています。

a

a
電子カルテなので、デジタルデータとして患者さんの情報が蓄積されていきます。
a
当院では、2.9ミリの最細径電子内視鏡を使用しており、患者さまの苦痛を最小限に抑えることができます。
a
聴力検査の中で最も基本的かつ重要な検査は、「標準純音聴力検査」というものです。聴力検査の有資格者が在中しております。
a
喉の炎症を抑えたり、鼻の通りをよくしたりする薬を噴霧し、鼻や口で吸引する装置です。
a
出血している場所がはっきり分かる鼻出血に対して焼灼して止血します。
a
鼓膜切開等をする時に鼓膜の麻酔に使用します。
a
電子内視鏡の洗浄・消毒に使用します。当院では徹底した洗浄・消毒を行っております。
a
診察器具を高圧蒸気で滅菌消毒します。
a
視界が真っ暗になるメガネをかけて、頭を動かして眼球の動きを確認し、眼振の有無や方向などを見てめまいの症状を診断します。
a
ティンパノメトリーという鼓膜の動きを見る検査を行う機械です。主に、滲出性中耳炎や耳がふさがった感じがある時などに検査します。

診療時間

  • 月・火・水・金曜 午前9時から12時30分まで。午後は15時から18時まで。
  • 土曜 午前9時から13時まで。午後休診。
  • 休診日は木曜・日曜・祝日・土曜午後。
  • 花粉症・アレルギー性鼻炎に悩んでいる方
  • 内視鏡・聴力検査に定評があります
  • この症状はどこで診てもらうの?

院長紹介

院長 小倉健二

横浜市立大学医学部を卒業し、横浜市立大学医学部付属病院、横浜市立大学医学部付属市民総合医療センター(浦舟病院)、横浜船員保険病院、横浜南共済病院、横須賀北部共済病院、横須賀共済病院などの病院に研修期間を含めて計11年間勤務してまいりました。

院長紹介の続きはこちら
このページの先頭へ